だが読んでいるという事

だが読んでいるという事は、警部は今の時間、暇を弄んでそれを読んでいる事になる。言い換えれば『警部はこの時間暇だ』という事を証明する事になる。「ああ、そうか」 そう言いながら新聞を畳んでソファーの前のテーブルに置いた。

「どうします」「まぁしょうがないな、女性としては当然の行為だろう。元木、お前相手をしておけ」「はぁ、それでは私が行ってきます。それで河原さんには何と言っておけば宜しいでしょうか」

「そうだなー、どうしようかなー。奈津美の行方が分からなくなってからもう二ヶ月だろ、どう考えても何処かの街で新しい人を見付け、その家で暮らしているよなー」「そうですよね、警部」元木は警部が言った意味も分からず、合いの手を入れるように口を挟む。この元木にも少し試練が必要だろう。

「元木。彼女の事はお前に任せるよ。まぁ、頼んだよ」今度は両手を組んだ。警部の癖であるが、相手に意見を言わせない態度でもあった。「はぁ」「頼んだよ」「はっ、はい。行って来ます」元木巡査は立ち上がった。その彼の向こうに男の姿が見えた。

「元木、ちょっと待て。いい所に現れたあいつが」「はい、何事でしょうか」なぜか小声で話をする警部。「河原さんに伝えておけ、すぐにわしと優秀な探偵が行くから、もう暫らくお待ち下さい。と」>>>そういえば警部はに続く。その他の情報は下記の通り

  1. セミナー…どうすれば良いのか?
  2. そろそろ夢占いの実証…地元の人以外には
  3. 交通・運送=三和交通と言うドメイン…馴染みが無いかも知れませんが

同じ様な状況に有る

 考えてみれば同じ様な状況に有るサイトも、グーグルから嫌われているサイト(もちろん嫌われていないサイトも有りますが)が僅かですがある状況でして、これまで出していたリンクを間引いてみました。

 実際問題として他サイトからの被リンクが原因になる可能性というのは非常に少ないのですが(本当に可能であればライバルサイトを落とす事が可能)少しでも可能性があれば、それらを取り除くことが重要だと思います。その他関連記事は以下の通りです。

  1. 私が欲しいTシャツ…チャイムは鳴りません。
  2. 限度額に踊る…が、私はいったい

アドセンス広告の上に表示

 次にアドセンス広告の上に表示してある「SPONSORED LINK」という語句です。これは以前私が指摘したので表示されるようになった語句ですが、以前私が個人的にグーグルを相手として問い合わせをした時に、行うべきだったと今更ながら反省です。

 アドセンス広告の上に表示していいのは「スポンサードリンク」だけです、という答が返ってきたことが有ります。ですが実際にはSPONSORED LINKと表示してあるサイトも多々あり、そのときに深く追求しませんでした。

上位表示を狙うには