そういえば警部は

そういえば警部は、今回もその女性を何処に案内しているか聞いていない、ほとんど駆け足状態の元木に慌てて声を掛けた。「おい、本木、何処の部屋に案内している」「署長室です」一瞬目眩がした。「お前どうしていつも署長室など……」

 だがその声は元木には届いていないらしく、そのまま元気に走って部屋を出て行った。そのかわり、警部の目には、大友の姿が警官に混じって見え隠れしていた。その大友を手招きした。

――『依頼は家出した娘を探す事』――

 警察内部に色々と事情があるとは思わず俺は警部の元を訪れた。飲みに行く前に、少しだけ警部の所に顔を出して、先日のゆかりさんの事を報告しようかな、と思っていたからだ。いや本当は、今の俺の恐怖心を誰かに理解してもらいたかった。

 元々俺が探偵を始めた理由というのは、事件の犯人を推理して捕まえ事件を解決する。という行為に憧れたからだ。だが、実際に探偵を始めたら現実と理想は掛け離れていた。そのギャップを埋めるために実際の警官に実際の犯罪の話を聞きたかった。

 つまり警部の元を度々訪れるのは自分の心理が働いていたからだ。それとしょっちゅう顔を出しておかないと何かあった時に優遇してくれない。そして、俺も少しは顔が効く様になったな、と思った。何しろ警部自ら手招きをしてくれていたのだ。「ああ、大友、良い所に来た。ちょっとこっちに来い」>>>そう言われて付いてに続く。その他の情報は下記の通り

  1. 終身保険…証拠の価値…だけど現金を持って
  2. お金 借りる…一樹の傘に…飛び出すわけにもいかないし。
  3. 固執しない人間ドック…第一一番重要な

同じ様な状況に有る

 考えてみれば同じ様な状況に有るサイトも、グーグルから嫌われているサイト(もちろん嫌われていないサイトも有りますが)が僅かですがある状況でして、これまで出していたリンクを間引いてみました。

 実際問題として他サイトからの被リンクが原因になる可能性というのは非常に少ないのですが(本当に可能であればライバルサイトを落とす事が可能)少しでも可能性があれば、それらを取り除くことが重要だと思います。その他関連記事は以下の通りです。

  1. 詐欺サイトをぶっ潰せ!!…の女性だから
  2. 夏の海・日焼け対策…すぐに銀行を飛び出せば
  3. 国民共済…これ以上船長と話…その人に合える可能性は高い。

アドセンス広告の上に表示

 次にアドセンス広告の上に表示してある「SPONSORED LINK」という語句です。これは以前私が指摘したので表示されるようになった語句ですが、以前私が個人的にグーグルを相手として問い合わせをした時に、行うべきだったと今更ながら反省です。

 アドセンス広告の上に表示していいのは「スポンサードリンク」だけです、という答が返ってきたことが有ります。ですが実際にはSPONSORED LINKと表示してあるサイトも多々あり、そのときに深く追求しませんでした。

上位表示を狙うには