結局警部は自分の

 結局警部は自分の探している物が見付からず、人差し指と中指の2本だけを立てるようにして開いて、その2本で何か細いものを挟む真似をしながら俺に尋ねた。「お前、持っていないか? タバコ」「はぁ、タバコ……ですか」

 俺は警部が何かの資料を探しているのだと思い込んでいたから、少しがっかりして、無意識のうちにタバコを探す。そして良く考えたら俺はかなり前にタバコをやめていた。自分の健康を考えた結果でも有るが、知恵と約束したからだった。

「すいません警部、私はかなり前にやめましたから」「ああ、そうか。それでだ、お前が担当する事件は、」 殺人事件の核心は聞いていなかった。「私が担当する事件は、なんでしょう? 警部」「家出した奈津美の捜索だ」「えっ、家出した奈津美の捜索? ですか」

 何て事だ。自分の嫌な予感がずばり当たってしまった。「そうだ、奈津美の捜索だ」そう言いながら警部は、まだ上着のポケットを探っている。「それってあんまり得意では無いんですが」「何か言ったか」

 有無を言わせず決めてしまう警部の態度はいつものことだ。そしてその時、警部は上着の内ポケットに手を入れた。顔の表情で分かった。警部は探している物をやっとの思いで見付けたようだ。「いえ、何も」小説-好奇心と探偵稼業に続く。その他の情報は下記の通り

同じ様な状況に有る

 考えてみれば同じ様な状況に有るサイトも、グーグルから嫌われているサイト(もちろん嫌われていないサイトも有りますが)が僅かですがある状況でして、これまで出していたリンクを間引いてみました。

 実際問題として他サイトからの被リンクが原因になる可能性というのは非常に少ないのですが(本当に可能であればライバルサイトを落とす事が可能)少しでも可能性があれば、それらを取り除くことが重要だと思います。その他関連記事は以下の通りです。

  1. ニトリのカーテンへ……利用方法を考え
  2. 洋楽-歌詞|翻訳…正確には分かりませんが
  3. 借金生活…カメラ付ですからね
  4. 拓夢書房‐ビジネスの発想…ネコババなんてそんな
  5. 映画‐個人的名作の解説…すぐその場の違う女性は

アドセンス広告の上に表示

 次にアドセンス広告の上に表示してある「SPONSORED LINK」という語句です。これは以前私が指摘したので表示されるようになった語句ですが、以前私が個人的にグーグルを相手として問い合わせをした時に、行うべきだったと今更ながら反省です。

 アドセンス広告の上に表示していいのは「スポンサードリンク」だけです、という答が返ってきたことが有ります。ですが実際にはSPONSORED LINKと表示してあるサイトも多々あり、そのときに深く追求しませんでした。

上位表示を狙うには